失敗事例1

中山さん(仮名)は、子供のうちの一人(長男A)と同居していました。Aはほかの兄弟姉妹達が中山さんに会ったり、旅行・買い物に一緒に行こうとすると、拒絶し、『会うときは長男である自分を通さなければいけない』と主張していました。
このことに対して他の兄弟姉妹は少し神経質になりすぎだと思いながらも、親を想ってのことだと納得していました。
しかしほかの兄弟姉妹たちは、中山さんが亡くなり、相続が始まった時にようやくAが執拗に自分たちを中山さんに会わせないようにしていた理由が分りました。
中山さんは生前にAに全財産を相続させるという内容の『自筆証書遺言』を作成していて、それを知ったAは中山さんが新たに別の内容の遺言を作成したり、遺言の内容が無効になるような生前対策をされてしまうことを阻止するためだったのです。
その結果、中山さんが亡くなった後、Aさん以外の子供たちは、遺産調査や遺留分減殺請求に大変な時間と労力を使うことになってしまいました。
この事例のように、なんらかの予兆や独り占めなどを考えているような相続人がいる場合には、専門家に相談して進めないとたいていの場合に平穏に相続は終了しません。
また、事例の兄弟姉妹のように、Aさんの行動が相続財産を独り占めするためだったことに気付かないこともあるので、少しでも困ったことがあれば、なるべく早急に専門家へご相談いただくことで問題が深刻になる前に解決できるケースもあります。
結局は、この兄弟も不仲になってしまい、この先長い人生で、ずっとお互いを恨まなくてはいけなくなってしまいます。
こんな不幸なことはほかにありません。
早い段階で、専門的知識のある司法書士などに相談することをおすすめします。
 

失敗事例2

失敗.jpg
私(富澤)の兄、雄一は妻子と長年別居していました。
また、雄一は5年前に体を悪くし、1人で生活することが難しくなり、私と近所に住む姉の美咲で雄一の生活を面倒見ていました。
そのため、雄一は生前に妻子には相続させず、美咲と私に遺産を相続させたいと話しておりました。
しかし、雄一は遺言を残すことなく、他界してしまいました。
そして、遺言がないばっかりに、私と美咲は雄一の遺産を相続することなく、雄一が財産を渡したくないと考えていた妻や子供に全ての遺産が渡ってしまいました。
遺産分割協議後、専門家の司法書士に相談をすると、「妻子の遺留分が存在するので、遺産全部を渡さないことは不可能だが、遺言に一言『美咲と私にも相続をさせる旨』を記しておけば、遺贈という形式で遺産は相続できました。」と話してくれました。
この話を聞き、相続して欲しい人に相続させられず、相続させたくない人に財産が渡ってしまったことを事前の対策で防げなかったのが悔やまれます。
私は雄一に遺言を書かせなかったことを心から後悔しています。
 

当事務所の無料相談

当事務所では遺言についての無料相談もおこなっております。
相続・遺言で失敗しないように是非お気がるにご相談ください。

遺言

ここでは遺言について詳しくご説明します。

 

「相続」で「争族」にならないために、「遺言」について、しっかりと知っておきましょう。

 

遺言の種類

相続人が遺産を巡り「争族」となることを防止するためには、遺言の作成が効果的です

遺言には、「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」の3種類があります。

遺言の目的によって、自分に相応しいものを選びましょう。


詳しくは、「遺言の種類」をご覧ください。


遺言の作成方法

遺言は民法で定められた形式で作成しないと無効になりますので、正しい遺言を作成しましょう。


詳しくは、「遺言の作成方法」をご覧ください。


公正証書遺言とは

3種類ある遺言のうち、「公正証書遺言」が最も安全です。
作成手順を押さえて、「公正証書遺言」を作成しましょう。


詳しくは、「公正証書遺言とは」をご覧ください。


遺言の保管について

苦労して作成した遺言書でも、紛失したり、自分の死後に相続人に見つけてもらわなければ、
その機能を果たすことはありません。


しかし、遺言書は、ある相続人には好ましい内容でも、別の相続人にとってはそうでないことも
あり、自分が生きているうちは内容を人に見られたくないものも多いため、あまり簡単に見つかる
場所に保管することも出来ません。では、どのように保管すればいいのでしょうか?


詳しくは、「遺言の保管について」をご覧ください。


遺言の執行について

自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現されていくのでしょうか?

ここでは遺言の執行に関して説明します。


詳しくは、 「遺言の執行について」をご覧ください。


遺言をすべき人は?

相続人同士の仲が悪いなど、自分の死後に遺産相続争いが起きそうな場合はもちろんですが、それ以外にも、遺言を作成しておいたほうがいいケースがいくつかあります。


「遺言」の詳しいコンテンツはこちら

  _MG_5208.jpg